2014年08月16日

商売にとってもっとも重要なこと

商売にとってもっとも重要なことは、お客を増やすことです。
もっとも重要なことは、商品やサービスを売ることではありません

(「儲け」を生みだす「悦び」の方程式  P61)


こんにちは。政宗です。

Twitterでこのブログを共同執筆しないかと呼びかけてみたら、
実践会仲間のエコノワ武藤さんが反応してくれて、
自分のブログでいっぱいいっぱい…」などと泣き言を言いつつも(笑)
冒頭のフレーズを推薦してくれました(^^)。


この本は商売における仕組みづくりについて語った本ですが、
何の仕組みかというと、お客さんを動かす仕組みです。

色々な言い回しをしても、小阪先生が述べることは一貫していて
ビジネスは人の営みであるということなんです。

だから、モノを販売するという行為は、
小阪先生的に表現すれば「モノをお客さんに買ってもらう」という
言い方になります。

この「〜に〜してもらう」ということが
自然に実現されるようにすることが仕組みづくりの本質と言えます。

だからマネジメントがテーマの場合は、
「従業員に〜してもらう」ということが発想の原点になります。


さて、同じように「このブログを共同執筆してもらう」という視点で
私が今回行った働きかけを見てみると、
これもワクワク系マーケティングの実践ということになります。

とりあえず実践したことはTwitterで呼びかけてみたこと。

成果は、エコノワ武藤さんの反応です。
ありがとうございました。<(_ _)>



さて、次はどんな働きかけを試してみましょうか。





(公開日:2010-07-01 )
【関連する記事】
posted by 政宗 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 小阪裕司の言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。