2011年01月12日

利他性の脳科学

ここんとこマイブームのキーワードが「利他性」。

昨年末に、こんな本↓を読んでみました。




脳科学も研究がすすんできて、
人の気持ちと脳の働きとの関係が
次第に明らかになっています。

この本では、
人が他人のために何かしてあげるという
利他的行動をとる際に
脳がどういう働きをしているかを知ることができます。

すごいな、と思うのが、
利他的行動というものが、
人間に生物的機能として備わっているということです。
(発動の度合いは個人差がありますが)

助け合うとか、支えあうということが
単なる理念としてあるんじゃなく、
人間の本能として備わっているということです。

なんか希望の持てるトピックだと思います。

ラベル:利他性 脳科学
posted by 政宗 at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | リーディング編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。