2009年05月01日

仕事のニーズ・ウォンツ

仕事のニーズ・ウォンツ

仕事に優先順位をつけるとき、
オーソドックスな方法では緊急性と重要性でマトリクスをつくり、
そこに仕事をポジショニングするのでしょうが、
これが意外とうまくいきません。

ウチの人たちって、大抵「急いでやってくれ」と言って、
仕事をふってくるから(笑)。

そこで考えたのが、ニーズ・ウォンツでポジショニングする方法。

 ニーズ=やるべき仕事
 ウォンツ=やりたい仕事

これで振り分けると、意外とうまくいきます。
なんといっても、ウォンツの低い仕事から手をつけると
早くウォンツの高い仕事にとりかかりたいので
モチベーションが長続きするんです。

もちろん振り分け基準は自分の直感で(爆)。

更にニーズが低くて、ウォンツの高い仕事に
未来につながる仕事が埋もれていることが多々あることも分かってきました。

いわゆる「遊んでいる様に見えて、できる」経営者って
このゾーンの仕事を精力的にこなしてるんでしょうね。

今のところ、なかなかこのゾーンにたどりつけないのが、
ちょっとだけ不満です(^^;)。
【関連する記事】
posted by 政宗 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | リアル編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。